日程:2005年2月17日(木)〜21(月)
場所:ミクロネシア連邦 チューク州 JEEP島
 無人島でのんびりダイビング

とうとうこの時がやって参りました!去年の夏から暖めてきたスペシャル企画、「夢の楽園JEEP島ファンダイビング」です!!今回はさらに開港初日の中部国際空港からの出発でさらに旅行気分倍増です。果たしてどんな旅になるのでしょうか?
日時・ポイント 天候 海況 視界 水温 Log 見れる人
2005年2月17日
移動日
晴れ - - - 初日は移動日。中部国際空港からGUAMへ向けて出発!GUAMのホテルに到着したのが夕方、そのままプラネットハリウッドまで行き夕食!明日のJEEPへ向けて前夜祭といったところでしょうか(^o^)
日時・ポイント 天候 海況 視界 水温 Log 見れる魚
2005年2月18日
1本目/ハウスリーフ
晴れ やや波あり 20m前後 28℃ 日付が変わり18日朝一番でGUAMを出発。チュークの空港に降り立ちました。天候にも恵まれ、飛行機嫌いの私とIさんは一安心。左のスナップを撮影後空港係員に怒られてしまいました・・・。どうやら写真手前の黄色い線から奥は立ち入り禁止区域だったみたいです、なんだか駅のホームみたいですが・・・(^^υ)
気を取り直してココから約30分ほど車で移動、「ブルーラグーンリゾート」に到着です!さらにここからは船での移動。出発前にダイビング許可料$30を支払って船に乗り込みます。はやる気持ちを抑えつつ一路JEEP島へ!そして・・・小船に揺られること1時間、やってきましたJEEP島に!!
あまりに興奮しすぎてつい、登ってしまいました・・・。このJEEP島は1週歩いて約3分というとてつもなく小さい無人島です。もちろん電気やガス、水道だってありません。何かあっても最寄の島まで1時間もかかってしまいます。その分本当の自然がそのままの形で残されている楽園なのです。ダイバーな私たちは早速潜る準備に取り掛かります、が!ここでアクシデント発生!!なんと人数分のウェイトが足りない、今からモエン島へ取りに帰りますとのこと・・・。みなさんもうお分かりですね。
最寄の島まで1時間かかるこの島からウェイトを取りに帰るということはあと2時間はぼ------っとしててくれと言っている様なものなんです。でお望みどおりぼ-----っとしちゃいました( ̄▽ ̄):*.;.*・;・^;・:とっても贅沢な時間が過ぎて行きました。そして本日の1本目「ハウスリーフ」でのダイビングです。まずは小手調べと言いたいところですがすでにやられてしまいました。透明度の良さ!砂の白さ!そしてサンゴの美しさに私たち全員が打ちのめされてしまったことは言うまでもありません。



ダスキーアネモネフィッシュ・テングカワハギ・ミスジリュウキュウスズメダイ・ガーデンイール・ヒレフリサンカクハゼ・ゴマハギ・マジリアイゴ・アカメハゼ・ニチリンダテハゼ・オトメハゼ・アカハチハゼ・モンツキカエルウオ・ヤシャベラ・トゲチョウチョウウオ


日時・ポイント 天候 海況 視界 水温 Log 見れる魚
2005年2月19日
1本目/富士川丸
&ハウスリーフ
2本目/ハウスリーフ
3本目/ハウスリーフ
晴れ やや波あり 20m前後 28℃ 今日はJEEP島に来たもうひとつの目的「沈船ダイビング」です!ミクロネシア・チュークは世界的に有名なレックポイントで戦時中の船や飛行機などが今も尚原型を留めたまま海の底に眠っています。私たちが潜った船は富士川丸、映画「タイタニック」のラストシーンに沈んだ船の映像が流れていたのを覚えてますか?あのシーンを撮影したのがこの富士川丸なんです。水深は深いところで30m強。レックダイビングのなかでは初心者向けのポイントといえます。この時期のレックポイントは透明度も良くエントリー直後に船の底まで分かるくらい!

2本目、3本目はJEEP島のハウスリーフに潜りました。のんびりのんびり時間を忘れて潜るのはとても気持ちがよく、そのままお昼寝したくなってしまいます。ダイビングの合間は島で貝殻を拾ったりおしゃべりしたり・・・。思い思いの時間を過ごしました。



そして今回のJEEP島でめでたく50本を達成した大村さん!本当におめでとうございます。みんなからの寄せ書きを夜のログ付けで贈呈しました。こんなすばらしい場所で50本記念だなんて本当にうらやましい。これからも世界中の素晴らしい海で楽しんでダイビングを続けて行ってくださいね!

↑藤川丸のマスト
↓藤川丸船内

↓メモリアルプレート

50本のお祝いに駆けつけた豪華ゲスト↓

今回、私のなかでのベストオブフィッシュ↓

タレクチベラ
日時・ポイント 天候 海況 視界 水温 Log 見れる魚
2005年2月20日
1本目/サンドパラダイス
晴れ やや波あり 20m前後 28℃ なんだかあっという間に最終日になってしまいました。ラストダイブは「サンドパラダイス」です!環礁の切れ目にあるチャンネルのすぐ横のポイントなんですが、ここがまた素晴らしい!!名前の通り真っ白な砂地が広がるとてもキレイなポイントなんです。水深も15mほどで流れも無く透明度も申し分なし!ハナダイなどの魚影も濃く、ギンガハゼなどのマクロ生物も豊富。写真を撮る人ならワイドでもマクロでも何でも来いの贅沢ポイントです!
そりゃあ潜った後はこんな笑顔になるはずですよ。まだまだ潜っていたいけどダメです、だって・・・もう1時間以上潜ってますから!残念。減圧症になりますよ、ほんと気をつけて下さいね〜。

↑船の上で記念撮影。
ダスキーアネモネフィッシュ・ミスジリュウキュウスズメダイ・ガーデンイール・ヒレフリサンカクハゼ・ゴマハギ・マジリアイゴ・オトメハゼ・ギンガハゼ(黄)・ギンガハゼ(ストライプ)・ヤシャベラ・トゲチョウチョウウオ・ウメイロモドキ・タコ
日時・ポイント 天候 海況 視界 水温 Log 見れる魚
2005年2月21日
移動日
晴れ
夜中出発で早朝にGUAM到着。かなり寝不足気味で空港内のファーストフードでハンバーガーのセットを頼むも、GUAM-名古屋間の飛行機内でほぼ同じ機内食が出てきてノックアウト・・・。次に気づいたのは名古屋空港に着陸する振動でした。飛行機嫌いの私には、逆に良かったのかもしれませんが。
今回のJEEPはダイビングというものの楽しみ方を再認識させられる旅でした。何も無いところで自由に時間を使い自由に遊ぶ、本当の贅沢を味わうことが出来ました。仕事とはいえ、いつかは!と思っていた念願のJEEP島に行くことができ、本当に嬉しく思っています。そして今回のメンバーとその旅を一緒に過ごせたことがなによりもかけがえのない楽しい思い出になりました。また、いつか!
by H.Tokuda