催行2日前に現地を通過した台風18号。当然ながら、ある程度の悪コンディションを予測して行ったものの、実際にENしてみると、その爪あとは思ったより深く、透明度が回復せず視界不良ダイビングを強いられる羽目に・・・
しかし現地サービスには、相変わらず大勢のダイバーの姿があり、「こんな海だって楽しみ方はあるのだ!」ってことをメンバーに示したく、オプションのナイトダイビングまで含めて合計7本がっつり潜ってまいりました!結果、見えないながらも色々な生物を観察できて、新たな気持ちで次回のリベンジも誓いつつ、無事に帰路についたメンバーなのです。

初日、サービス前ビーチの視界は2〜3Mほど・・・ ENして顔を浸けた瞬間、瀬戸内海を思い起こさせる状態の海でした!岩礁域も砂を被り海底全体ほこりが積もったように、なってました。それでも80pサイズのBigなヒラメを筆頭に、数多くの生き物達が、けなげに生活を営んでましたねぇ。。。
左の写真はダイビング前のメンバー。海のコンディションがあまり良くないことを知りつつも、「そこまで、・・・とは・・・!」誰も予想していない様子!向けたカメラににっこりピースサインなんかしちゃって、、、大丈夫???
☆☆☆  『それにしても、ひでぇ〜透明度だな。こりゃ・・・!』  ☆☆☆
3日間を通して、砂地のポイントは視界が回復せず、2〜5メートル程。そんな中、沈潜でのナイトダイビングもきっちり行いました!最終日には全員フィンを脱いで”バニーちゃん”大会をやってみよう!と言うことで撮影してみましたが、透明度の関係で集合写真はとても無理でした。(当然、迷子ダイバーも続出で、M島さん・S尾さん・T田さん・K山さんグループから離脱してしまいましたね!)それぞれに、言い分はあるのでしょうが・・・

台風一過。天気は上々!!
私事、「それにしても最近、忘れものが多い!」今回は、自分のマスクとフィンを船に積むの忘れてしまいました。一応、言い訳をさせてもらえば、「他のことに気を取られてたら自分事を中断してしまい、その後ついうっかり・・・」ってとこです。運良くこの日だけソラスズメ号で、船長の古久保くんからこっそり拝借した私のキャラではない”白い”マスクとジェットフィン。水中に入るとメンバーから不思議そうな視線が・・・ 「あぁぁ... それ以上見ないでくれぇ〜」
《今回見た生物≫
ヒラメ、クサフグ、シマウミスズメ、カマスの群、ソラスズメダイの群、キンギョハナダイの群、オオスジイシモチ、クロホシイシモチの群、オオモンカエルアンコウ、ハナミノカサゴ、ミナミハタンポ、キンメモドキ、ミギマキ、タカノハダイ、ヘラヤガラ、ノコギリヨウジ、ボラ、オニカサゴ、コロダイyg、イラ、オジサン、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオyg、オキゴンベ、ミナミゴンベ、クマノミ、オヤビッチャ、カゴカキダイ、イシダイ、ヒトスジギンポ、カモハラギンポ、ウミタケハゼ、ダテハゼ、アヤメエビス、テッポウエビ、オトヒメエビ、ニシキウミウシ、キイロウミウシ -etc-

今回のお宿は、当店としては初めてお世話になる、”グランパスinn白浜さん”です。ホテル形式の大人数が収容できる大きくて素敵な施設ですが、ゲストの皆さんの率直な評価は、いつもお世話になる白浜の定宿”下河原”さんに軍配が上がりました。(2日目はしっかり下河原さんへ泊っちゃいました!ちょっと一日だけ浮気心を出して他へ泊ってみたのですが、そこで改めて定宿の素晴らしさを再認識できました。)
そんなこんなで、あっという間の3日間でした。「終わり良ければ全てよし!」と言うことわざがありますが、今回のツアーがまさにこの一言に尽きると思います。大きな渋滞も無く、予定より1時間も早く20時30分には帰岡しました。