季節は11月。参加者8名の内訳は、5名のウエット族に3名のドライ族。どっちがイイのか両者の戦いは行きの車中で勃発!初日、天候も良くウエット族はダイビング前に何やらワイワイ楽しそう♪♪それを遠まきに見つめているドライ派のN上さん。(ちょっと寂しそうな雰囲気・・・ 負け組っぽいです↓↓)
とは言え、「実際はドライスーツをまだ持っていないからウエットでガンバってる」って言うのが、ウエット族の本音!「だって、11月ですよ。。。いくら天気が良くても体が濡れれば寒いはずです!ちょうど当店はドライスーツキャンペーンの真っ最中!これを機にドライを揃えて、体に優しいダイビングをしてくださいね!」

串本ダイビングパーク到着後のビーチダイビングは、只今、ITC(インストラクター トレーニング コース)中のNダイブコンがご案内。まずはしっかりブリーフィングを聞いて っと。。。 パーク前ビーチは、EN/EX付近から道順を示すチェーンが沈めてあり、ナビゲーションが苦手な方でも安心!日差しもあり水温24℃では、ウエット族も特に寒がる様子も無くドライスーツのメリット薄し!
2本目は、”グラスワールド”でネジリンボウ探し。(生憎お留守の様でしたが・・・)OWDの講習以来、初ボートとなるK林君はちょっと緊張気味でしたが、無事に終了!

ナイトダイブまでの間、時間が少し空くので、本州最南端の潮岬観光を兼ねた買出しへ出かけ、夜の晩餐の準備はバッチリ!

17時より開始のナイトダイビングも、つつがなく終了してウエットを脱ぐ瞬間、やっぱり寒い!!!
『ドライいるぞ!こりゃあぁ・・・』
最高に思った瞬間でした!

2日目は生憎の曇り空で(時々、ポツポツと雨も・・・)、ドライ族の目はキラッと輝き、ウエット族の男性陣は何だか元気が無い! ⇒ みなさんドライスーツの良さが少しづつ分かってきたかな!? そんな中で最後まで、『寒い!』とは言わなかった、T内奥さんスゴイです!男性陣撃沈により、”ウエット族、遂に崩壊か?”と思われましたが・・・(でも、ご主人ドライすごく欲しがってましたよ!)
昨日と比べると透明度がアップした2日目。軽く10Mオーバー見えている”住崎” ”吉右ェ門出し”で2ボートダイブを楽しみました。特に”吉右ェ門出し”は水深も浅く、みなさんゆっくり楽しんでいただけた様子です。ただ、ちょっと長く潜っているとウエットでは段々寒く感じてくる水温でしたけどね・・・

夕食は、Nダイブコン率いるK野さん、そしてK山君・K林君の学生君二人のチームと、私率いるT内さんご夫妻、K山さん、N上さんチーム分かれ、それぞれ”すき焼き”をワイワイといただきました。ジューシーなお肉に目が止まりつつも、最近カロリー過剰摂取である私は、あえて『糸こんにゃく係』に徹したのでした!(ただその反動か、翌日の朝食時に他人のお残しまで頂く私↓自分の不甲斐なさに呆れ果てました↓↓)

現地の協力金に含まれる三角くじを全員に引いてもらったところ、T内ご主人のくじにCの文字が・・・ 「そう!何かが当たったのです!」どうです?この笑顔・・・
はやる気持ちを抑え、フロントに当たりくじを持って行くと、現地特産の瓶詰マーマレードと交換!
   ★★★何という 
ラッキーボーイ★★★
最後にみんなで記念撮影!ウエット族、ドライ族共に充実した2日間でした。でもこの次はやっぱりドライスーツが良いと私は思いますよ!だって、ナイトダイビングまでやっちゃう方々なんですから、どう考えても夜の着替えはキツイでしょう!!『ウエット族のみなさん、頑張ってドライスーツを揃えて下さいね!』
 PS
 T内ご主人、マーマレードずっと手に持ったままですねぇ・・・