今年最初のオープンウォーターダイバー コースの海洋実習が、5月15〜16日の2日間で開催されました。当店の海洋実習と言えば ”室戸!” ふと気が付けば私も室戸へ通い続けて早18年!!この間に、何度この地へ訪れたことでしょう? が、いつ再来しても決して飽きさせることはない!そんな素晴らしい海なのです。
今回新たに6名のダイバーが誕生されました。「みなさんおめでとうございます!そして来るべきこれからのベストシーズンを満喫しましょうね。」
週間天気では、パッとしない予報でしたが、蓋を開けてみると抜群の好天にベタ凪の2日間でした。きっとメンバーの普段の行いの良さの賜物なんでしょうね。 水慣れスノーケリングのエントリー時のワンショット!初めて浸かる5月の水温にメンバーちょっとビックリ!ちなみに水温21℃でしたが、数名の方は終始フード無しで頑張りました!
ワイドコンバージョンレンズ買ってからは必ずトライする半水面写真。当日の透明度は8〜10メートル程で、快適にダイビングを行なえました。 ”警察裏”のクマノミ達は今年も元気そうでした!この他にメートル級のヒラメ、ヘラヤガラ、テングダイ、キリンミノ、アオウミウシ、オトヒメエビ等々の生物をOWD生に紹介できました。
こちら社会人チーム。K山さんとT内さんご夫妻(今回は奥様が初チャレンジ!)は、どっしりと落ち着いてダイビングに取組んでおられ、流石は大人の貫禄です! こちらは、学生君チーム。N瀬くん・K山くん・G田くん・K林くんの4名は、ちょっとシャイだけどとっても面白い!社会人チーム(私も含む)の面々は彼達から若さパワーを随分と頂きました!
”警察裏”の砂地で集合写真を撮りました。 が、当初の説明で2段になるように指示したのですが、メンバーが実際に並んだフォーメーションかコレ!「みんなブリーフィングはよく聞いておいて下さいネ!」 メンバーのエアー消費もまずまずGood!で、”ミツバエ”では沖の漁礁まで足を延ばしてみました。移動中に撮った、スナップ写真ですが、「どうです!? みなさん上手く中性浮力とれているでしょう!」
現地サービスの室戸潜水さんの特製ランチは、質・量ともに素晴らしいの一言!これには、お腹をへらした学生君達も大満足で、とっても楽しい食の時間となりました。 「出された食べ物は残さず食べる!」誰しも子供の頃、親から教わったと思います。 と、言うことで大皿に少しずつ残ったものを完食するK山くん。分担を決めたのですが、何故か彼は生野菜を選びました。(超ヘルシー!!)
室戸名産のびわは今が旬です! G田くん、とってもいいカオしていますね! が、ここでカミングアウトしたのがT内さん奥様で、何とご本人、無類のびわ好きとかで食べる食べる・・・ いやぁ〜本当に良かったですね!ダイビングツアーの楽しみのひとつに、その土地土地の美味しいものが食すこともあるのですから! 帰路、ファームのアイスクリームを食べ、お土産に”エチオピア饅頭”のリクエストがあったので、いつものように立寄ると何と臨時休業・・・ シャッターの張り紙の指示通りフジグラン野市店に求めに行くも既に売り切れとのこと↓↓↓
でも、再来することでみんな納得し帰岡し楽しい2日間に幕を閉じました。