“ロタブルー”と称される抜けるような碧い海! サイパンとグァムの中間に位置するこの島で、たっぷり8本!ロタブルーを満喫してきました。 今回ご参加いただいたS水さんご夫妻は、こんなにも素晴らしいロケーションで揃って200本を達成され思い出に残る記念ダイブとなったことと思います。本当におめでとうございます!これからも色々な海で経験を重ねていきましょう!

12月15日、関空からグァムを経由してロタのホテルに着いたのは翌日午前3時過ぎ・・・ と、言うことでチェックイン後はスグに就寝 Zzz・・・  ブルーパームスさんの粋な計らいで、初日スタート時間を遅くしてもらってるので、ギリギリまで頑張れば4時間寝れるぞぉーーー

12月16日 DIVE#1  ポイント:センハノンドロップオフ 2
===ログブック===
水深:29m  潜水時間:45分  透明度:45m  水温:29.2℃
ホテルからブルーパームスまでは徒歩3分! 名ガイドめぐみさんからブリーフィングを受け、ワイルドにピックアップトラックの荷台へ乗り込み港まで移動します。 同時に船もトレーラーで引っ張って行っちゃいます。 ロタのダイビングポイントはどこも港から10分程度なので船酔いの心配も少なく安心です。
ボートで走っていると周囲の海の色がスゴイ! ホントーに碧い!! エントリーしてまたビックリ・・・ どこまでも見渡せる水中は迷子も無縁!全くのストレスフリーーー

12月16日 DIVE#2  ポイント:ロタホール
===ログブック===
水深:18m  潜水時間:54分  透明度:40m  水温:29.3℃
2本目は、ベストシーズンから外れたロタホールへ。 今の時期は太陽光が真上から差し込まず強烈な光のスジを見ることはできません。 ちょっと残念な気もしますがそこは透明度抜群の海域。ホールの奥から外洋を望むと、その碧のグラデーションは言葉では言い表すことが出来ないほど美しい! さらに、そこから浮上してエアードームに顔を出してみると・・・ 「まさに青の洞窟」です! さすがは世界に名立たるポイント!

12月16日 DIVE#3  ポイント:ピナタンリーフ 2
===ログブック===
水深:11m  潜水時間:47分  透明度:50m  水温:29.1℃
3本目は、まっ白でサラッサラの砂地がある浅めのポイントで、各々自由にゆったりまったりダイブ! これも透明度の良さが成せる業で、「見える範囲でどうぞご自由に!!!」って言われても、見える範囲って・・・結局どこまでも行けちゃう感じ↑↑
砂地ではみんなフィンを脱いで、思い思いに歩いてみたり、水中サーフィンポーズを決めたり、逆立ちしたり寝転んだりと、フィッシュウオッチングとはまた違う、紺碧の海の楽しみ方を堪能しました。

16日ディナー in 東京苑
初日の夕食のチョイスは、ソンソン村入口近くにある日本食レストラン“東京苑”をチョイス。ちなみに私の焼肉定食がこれ!まったく日本で食べるのと変わらない内容で美味しかった! 他のメンバーも刺身定食とか焼き魚定食など、「本当に和だなぁ〜」と思わせるメニューをオーダーされていました。 ちょっとビックリしたのが、焼き魚定食の魚は、地元ロタ産のサワラか、何故かサンマ?が選べるところ・・・ 南の島でサンマなんて・・・ 恐るべし東京苑!

12月17日 DIVE#1  ポイント:松運丸
===ログブック===
水深:32m  潜水時間:33分  透明度:50m  水温:29.0℃
ロタでどうしても行きたかったポイントのひとつで、1944年に戦争で沈められた全長90mの日本軍用貨物船。 ガーデンイールが無数に住みつく水深30mの海底へ船首部分のみ原型をとどめてひっそり横たわっている。 進行してゆく金属腐食と毎年襲来する台風の影響で、この船首部分の姿もいつまでも見ることは出来ないとのこと。寂しい限りです↓↓
水面上からでも十分確認できる船体は、水面に顔を浸けるとクッキリその全貌が浮かび上がります。 軽く50m以上は有るかと思われる透明度の中、浮遊感を満喫しながら降下(潜降)する。船首の先端部分で水深20m。そこまでは何も無い透きとおる青の世界!鳥肌が立つほど崇高な素晴らしい経験でした。
潜行前に突然のスコールに見舞われましたが、そこはスコール。。。あっという間に止み、綺麗な虹が↑↑↑ メンバーに、「私の日頃の行ないの賜物だ!」と言ったら、その後“ヒゴロ”と異名なあだ名を付けられちゃいました!

12月17日 DIVE#2  ポイント:テーブルトップ
===ログブック===
水深:20m  潜水時間:47分  透明度:50m  水温:29.0℃
メンバーの後ろに見える山は、港から出港して数分でこの形にみえるタイビンゴット山。 それがちょうどケーキを重ねしたようにみえることから、通称“ウェディングケーキマウンテン”と呼ばれています。 この山をバックにエントリーすると水面近くまで突き出た根があり、碧い海に、抜群のコントラストで映えるキイロハギがとっても印象的だったトロピカルな海中でした。
昼食時にブルーパームスさんの粋な計らいで、ヤシの実ジュースが冷たく冷やされて出てきました。 そこにはストローが2本さしてあり、S水さんご夫妻ラブラブで飲まれておりました。 S藤さんS神さんも女性同士とても絵になってましたよ!
ブルーパームスさんのボートは2台あり、その日のダイビングが終わったらご覧の通りトレーラーにヒョイと乗せてお店まで連れて帰っちゃうのです。

12月17日 DIVE#3  ポイント:ジェリーズリーフ
===ログブック===
水深:17m  潜水時間:48分  透明度:45m  水温:29.2℃
Mr & Mrs AS Congratulations! 200 dives

本日3本目は、S水さん奥様の200本とS水さんご主人の199本(=200)の合同記念ダイブです。 このセレモニーの為に選定された素晴らしいポイントにて、クリスマスも近いことだし、ご夫妻にはサンタクロースの衣装をまとってもらいエントリー。 すると真っ白な砂の海底には既に “ROTA” の文字が出来上がっている。。。 段取り通り周辺にある石を持ってくるメンバーとそれを並べて “200本” の文字を作る私・・・ 完成した作品を前に記念撮影! サンタの紅い衣装は青被りしちゃったけどね・・・ 最後に、海底の表面の砂を手で扇いで取り除くを、そこからインナースペース特製200本記念きんちゃく袋が現れたぁ! 海から現れたこの袋、大切にしまっておかないでドンドン使ってくださいね!S水ご夫妻。

17日ディナー in ピッザリア
2日目の夜は、S藤さんのイタリアンでワインというリクエストで、ビザメインのレストランピッザリアをチョイス! 何がおススメなのか事前にめぐみさんにリサーチ。 「主体性が無い!」と言われればその通りなのだけど、紙に書いてもらったシュリンプカレーピザ、タコサラダ、タイ風チキン、フェジータ(パスタ)をまったくそのまま注文! 超ピリ辛のタイ風チキンはビールに最高!!! めぐみさん、我々からこの時点で酒飲みと判定される・・・
昨日に続きホテルでの2次会用にと、“ラッキーストア”でビールやおつまみを買い込みます。 こんなド田舎(ゴメンナサイ)にしては夜10時まで営業なんて素晴らしい。 ここで必要にして最少のものは揃っちゃいますよ! お店のネーミングもイイ感じだしね・・・

どこまでもクリスマスデコレーションのベイビューホテル
オーナーが熱心なクリスチャンなのか、少々過剰気味のクリスマス用デコレーションが目立つホテルは、3階からソサンハジャ湾が一望できます。 私以外3日目の3日目の朝食をオーダーしていたメンバーは、その量の多さにビックリ!

12月18日 DIVE#1  ポイント:センハノンドロップオフ 1
===ログブック===
水深:32m  潜水時間:48分  透明度:45m  水温:29.0℃
翌朝早くフライトがあるため今日は午前中2ダイブしかできません。 ソンソン村には西港と東港の2つの港があり海況で使い分けます。 先ずはヘルフリッチ狙いで1本目は西港よりセンハノンドロップオフ1へ。 初日に潜った隣のブイになりますが、ここは水深30m弱で、かなりの個体数のヘルフリッチが見られるゴビーマニアにはたまらないポイントです。 普通のハタタテハゼなんて、本当に掃いて捨てるほどそこらじゅうに居ます。
このダイブがS水さんご主人の本当の200ダイブなのですが、奥様と合同で昨日水中セレモニーを行なっちゃったので今回はちょっと簡素化でゴメンナサイ。。。 安全停止中にスレート並べて200の文字を入れ記念撮影しました。 誠の200本達成!おめでとうございます。

12月18日 DIVE#2  ポイント:コーラルガーデン
===ログブック===
水深:19m  潜水時間:49分  透明度:50m  水温:29.0℃
最終ダイブ、、、今度は東港から出港して、その名の通りサンゴの群生が美しいポイント、コーラルガーデンで、チョウチョウウオ系の魚が多数お出迎え↑↑↑ いやぁ〜、ほんとーに青・青・青の8ダイブでした! ロタブルーという言葉は本物です!! 今までに経験したことの無い透明感が素晴らしい爽やかな海です。 もっともっとアクセスが良くなれば多くの人が訪れるようになるのでしょうが、今回のメンバーで最後に話したことの中に、「人がいないから、ゴミゴミしなくて好い!」っていうことも実はこの島の魅力の要素なのだと思いました。

最終日午後からはレンタカーで観光だぁーい!
行った先 :
テテトビーチ ⇒ スイミングホール ⇒ ソンソン展望台 ⇒ ハニーガーデン ⇒ 日本軍砲台 ⇒ ガガニポイント ⇒ 日本精糖工場跡 ⇒ 千本ヤシ林

18日ディナー in ムーンライトパームズ
ブルーパームズの姉妹店でムーンライトパームズで、めぐみさんにも出席していただきBBQのコース料理で呑む・呑む・呑む・・・ ダイビングポイント名が付いたオリジナルカクテルも美味しかった! 最後に、注文しておいたS水さんご夫妻の200本記念ケーキを前にお二人仲良くハートマークを・・・ その後、共同でケーキカット(結婚式以来でしょ!)もしてもらいロタの夜を締め括り、翌日帰国の途に付いたのです。