今年で3度目の御蔵島ドルフィンスイム。とっても可愛いイルカちゃん達と泳げる(しかもここのイルカは全て野生!)とあって、例年女性に大人気・・・ 「ん・・・? 気がついてみると今回のメンバーはなぜか男子のみ!!! それもかなり個性的な顔ぶれが・・・」

ちょっと軽い目まいを感じつつも、「どうせ男ばかりで行くからには、当然そこのところを楽しむしかない!」と、
《ギラギラ・ファイブ》が結成されたのです。

昭和を感じさせる手書きの組織図が示すとおり人事も完璧で、今回文句無しで一番ギラギラしているK田隊長率いるギラギラ・ファイブは、まだ大学生のK山補佐がヤング担当、今回隊長の次にギラギラしているA江補佐は、広い守備範囲を自慢とするアダルト担当。さらにその下にH房隊員と私が従い、それぞれが協力して任務を遂行することである。
「だって、、、男ばかりじゃつまらない!じゃん・・・」

ギラギラ・ファイブのメンバーの証として、光GENJI(古っ!)も顔負けする、Wイントラデザインのハチマキを持参。ギラギラする時は、所構わず装着することがルールです。  さあ、一体どうなることやら・・・・・・・・・


 8月19日(金)
16時岡山駅集合! K田隊長はミッション遂行打ち合わせも兼ね、当店より私と一緒に送迎車で岡山駅へ向かいました。 駅に着いて他のメンバーの到着を待っていると、静岡地方で降っている集中豪雨下り新幹線遅れの案内が・・・ 「まあ、下りだから・・・」と、特に気にも留めず定刻通りのぞみ40号に乗車。 ほっと一息、これから始まる御蔵の段取りをあれこれ考えていると、本来停まるはずの無い姫路駅に突然停車。 車内アナウンスによると以前降り止まぬ静岡地方の豪雨の影響で、順番に列車が止まり我々にも姫路でその影響が・・・ 何だか2年前の御蔵島ツアーを思わす暗〜い門出となりました。 なんだかんだで30分以上姫路で足止めをくらい、その後もいつまた止まるかとヒヤヒヤしながら、品川駅に30分遅れで何とか到着。
そこで、K田隊長曰く、「今夜の東京での夕食は、コンパニオン抜きになっちゃうけど船には間に合うから・・・」だって!
JR浜松町駅のホームでギラつくメンバー達。K田隊長さすが!です。
(それにしても、こんなとこでよーやるわ!)
ただの通り掛かり、居酒屋のおねえさんを口説いてのワンショット!
(ここで夕食をとったわけじゃないんだけど・・・)
御蔵島に向けて長い船旅の前に、メンバーで夕食をとることに。 浜松町モノレール駅1Fの”居酒屋ないす”を値段でチョイス。 何とホールの店員は全てアジアンな外国人で、お客はバリバリの日本サラリーマンのお父さんたち。 そこで、とっても狭いテーブルを囲み、K田隊長とA江補佐が部下へ見せてくれたホタテの貝殻を使った一発芸がコレだ!
かめりあ丸に乗船。 デッキ後方でギラギラ・ポーズを決めるメンバー達。
(K山補佐、H房隊員は、まだまだ未熟な気がしますけど・・・?)
声を掛けた、ある女性グループと記念撮影。 それからも次々と声を掛け続けるギラギラのK田隊長。 「 いやぁ〜、楽しい船旅となりました!」

 8月20日(土)


翌朝5時、かめりあ丸は定刻で三宅島錆ヶ浜港へ接岸、次第に夜も明け、目前には御蔵島が見えてきました! 海上のうねりも徐々に収まり、条件付出港となっていた御蔵島港へも接岸出来そうです。ただ、ご覧の通り残念な天気がちょっとねぇ・・・
6時、遂に着きました、御蔵島です。

個人的に大好きな島なのです!! 何がって・・・

「まず、自然がイイ! そして、島民の人がイイ! 何より都会から切り離された不自由さもまたイイ!!」

ここへの来島には、様々な自然環境に左右され、一筋縄ではいかない事が多く、上手く上陸出来た喜びもひとしおで、何処の地へ行くよりも感動的なのです。 見て下さい!ギラギラメンバーのこの嬉しそうな笑顔を!
 【イルカ初日】
初めてのドルフィンスイムに先立ち、 まずは、よぉ〜く注意事項などの説明を聞いて、っと・・・ K田隊長の両手で持つ2組のロングフィン(バラクーダとワープ) どんだけやる気やねん! ただ、何も起きなきゃいいんだけど・・・
今日から3回のドルフィンスイムは、訳あって初めて利用する海豚人丸(うみとんちゅまる)。 船が小さいのでEN/EXが非常に楽ちん! なのに・・・ 四苦八苦する人が・・・ 船上でも長すぎるフィンのとり回しがねぇ〜〜〜
水中はご覧の通り、イルカがいるわいるわ!! 初回では、ウエットスーツを現地に持っていきながら着用せず、寒さにやられたK山補佐。 意外と簡単に波にやられるK田隊長と、出だし不調のメンバーが2名。 それでも海豚人丸船長の加藤さんの物腰柔らかい「さあ、入りましょうか!」の掛け声の下、みんな我先にと、海へ飛び込んでいくのでした。
 【お昼は???】
今日のお昼は、島内に数件しかない食堂”やまや”さんででいただきます。 注文した日替わり定食は、”たかべ(御蔵でよく獲れる地魚)のマリネ”。 とっても美味しかったです。


ここで、K田隊長がイルカ言葉を発案! 文の最後に『きゅぅ〜〜』を付けるだけの、とっても簡単なこのイルカ言葉。 本人的には多分イルカの鳴き声をただまねただけだと思いますが、一応、 用例としては以下のようになります。

・EX1 ≪おなかが空いた。≫ ⇒ ≪おなかが空いたきゅぅ〜〜≫
・EX2 ≪なんだ!男だけか!≫ ⇒ ≪なんだきゅぅ〜 男だけきゅぅ〜〜≫

このイルカ言葉、この後メンバーに浸透し、何かある毎に『きゅぅ〜 きゅぅ〜』言ってる私40代! 若いとみるか?唯のアホか?



食後は、何故か御蔵島に居るぞうさんと無邪気に遊ぶK田隊長。 ここはもう隊長の独断場でしたね。 誰も近付けないこのオーラ・・・ さすがはギラギラ・ファイブの隊長です!
 【そして、またイルカ!】
 【夕方、アフターイルカは???】
2回のドルフィンスイムを終え、シャワーを浴び、しばらくすると、定宿である”丁屋”のおかあさんから「夕食ですよー」と、嬉しい声が掛かり、早速みんなで乾杯となる。 ただ、実際にアルコールを飲んでいるのは、A江補佐と私だけなのです。 飲まない理由は、もちろん翌日のドルフィンスイムがあるからです。 やはり我々ギラギラ・ファイブは意外と真面目なのです! 明日葉など御蔵島で取れた食材を使ったおかあさんの手料理は最高に美味しかったです。


で、この後。。。 ここからが長ぁ〜〜い!!
長いと言っても夕食の話ではありません。
何が長いかと言うと、
木の話 。。。 御蔵島は木材が有名で、中でもツゲの木は日本で1,2を争うブランド品!
実は、丁屋のご主人はマニアと言っていいほどの木製品コレクター。中でも将棋の駒の収集はハンパ無い! 「これか虎目の云々・・・」 値段を聞いてこれまたビックリ!!
正直、私はあまり興味が無いので「ふぅーん。」って感じだったのですが、これに食いついたのが、囲碁が趣味のA江補佐(当然だと思います。)と、なぜかK田隊長??? その理由が楽器やってるので木目なんかにゃ前から興味があるんですって。。。 いやぁー、K田隊長がなんて・・・意外でした!
そんなこんなで宿のご主人も段々調子付いてきて、ウン十万もする将棋の駒を一通り見せびらかした後には・・・
2階の我々の部屋まで付いてきたご主人。今度は将棋台を出してきた!
止めは、何に使おうか?と、迷ってる大きな希少な材木まで・・・・・・

 8月21日(日)
ドルフィンスイム2日目。 今日も朝から元気なギラギラ・ファイブのメンバー達。

下の集合写真に写っている見知らぬカップルは、何と偶然にも倉敷からお越しのM田さんとK井さんです。 実は昨日の2回目のドルフィンスイムで一緒となり、本日、ギラギラの証であるハチマキを巻いてもらい、サブメンバーとしてご入隊されました!(M田さん、K井さんその折は本当にありがとうございました。) お二人は我々のムチャ振りをイヤな顔ひとつせず、最高のポーズまでとって下さいました。 (また、お店に遊びにいらしてくださいね。 お待ちしておりまぁ〜す。)

この日は昨日以上に海のコンディションが良く、港から出るとすぐに水面を泳ぐイルカの群が居て、しばらくの間、船上からイルカウォッチングをいたしました。

海に入ってもご覧の通り!!!  たくさんのイルカ達と絡んで遊ぶことが出来ました!


ボートの上でフィンを装着したまま、次のENを待つギラギラメンバーの足元。 「K田隊長、今回は最長のバラクーダは使用してないんですね??なぜ???」
 【2日目のお昼は???】
1回目のドルフィンスイムを終え宿に帰ると、おかあさんからスイカの差し入れがあり感激! シャワーを浴びて順番に頂きました。


ただ、今回の御蔵島は終始お天気に恵まれず、ほぼ曇り空でした。 時折、強い雨も降ったのですが、我々が外へ出る時は不思議と雨が上がり、わずかですが晴間がのぞくこともありました。


今日の昼食は”美々庵”さんで注文した、焼き魚定食です。昨日のマリネと比べると、さっぱりしたテイストの和食を堪能しました。


K田隊長がどうしてもやりたかったのが、美々庵の入口のコンクリートに描かれたイルカのマネ。。。 多少着いて行けず、呆れ顔のAエ補佐とH房隊員でした。


余った時間で里を散歩。 ふくまる商店でお土産を選んだり、見晴らし抜群の丘から港を眺めたり、御蔵島資料館や郵便局を訪れたりと御蔵島の陸上を楽しみました。 とっても急坂ばかりの御蔵島は自転車禁止なんです。(余りに坂が急過ぎて、ブレーキかけると自転車が飛んで行っちゃうからだそうです。)
 【そして、また、また、またイルカ!】
最終回のドルフィンスイム! 幾ら遠方からとは言え4回もする人はさすがに少なく、(1回2時間のスイムは思ったよりハードなのです!)竜神丸の旭治さんから「おまえら本当にすきだなぁ!」って言われる始末。。。
今回は、昨年・一昨年とお世話になった竜神丸で、いざドルフィンスイム! その時にたまたまお客さんとして乗船していた、夏の3ヶ月間だけ御蔵島でアルバイト生活をおくっているO川さんと意気投合! ギラギラ・ファイブとしては、彼女と夜に再会を約束して、全てのドルフィンスイムを終えました。

今までに以上にイルカとも絡め(手の届く距離に寄って来ていっしょに泳いでくれるのです!)最高の締めとなりました。
何度来てもドルフィンスイムはやっぱり最高です!!
 【御蔵島の夜はこうして更けてゆく!】
お疲れの乾杯!の後、K田隊長が食べる食べる。。。 マンガ日本昔話しじゃないんだから・・・ これもドルフィンスイムから開放されたが成せる業。 なぜなら、もう波酔いすることも無いんだしぃ・・・ 美々庵で、昼食に注文したカレーを、(午後に控えているドルフィンスイムを前に、何故癖の強いカレーを選択したのか隊長のその意図は全く持って理解できませんが?)海でリバースしながらも、『「カレーだきゅぅ〜〜 久し振りのカレーだきゅぅ〜〜」なんてイルカが寄ってこないかなぁ』って、気丈にも明るく振舞っている隊長見るのは、切なかったです! でも、今は違います。もう、揺れることもないですし、心置きなく召し上がって下さい!隊長。。。





待ち合わせ時間定刻に、昼間ドルフィンスイムでいっしょだったO川さんが単身でギラついた野獣どものところへ勇敢にも遊びに来られ、(とは言っても、K山補佐とA江補佐は既に熟睡中!)残ったメンバーとイルカの話や、出身地の話で楽しく盛り上がりました。(O川さん、男ばかりの我々にとって束の間の楽しい時間でした。お見送りにまで来ていただき本当にありがとうございました。)
それにしても、K田隊長、H房隊員、それにO川さんまで・・・みなさん本当にイイ笑顔です!

 8月22日(月)
 【心配された山歩き!】
ここに来てからというもの、ドルフィンスイムや外出する時には、特に目立って雨は降らなかったのですが、最終日の山歩きの早朝、雷を伴ってバケツをひっくり返した様な豪雨に目が覚めました。 前日に、山歩きガイドの柳瀬さんと、「小雨程度だったら行きましょう!」と、打合せをしていたのですですが、こりゃ全然小雨じゃないし、今日は中止だな!と思いながら再び眠りに・・・

朝6時半、目覚ましで起きると何と雨は上がり、昨日までは霧で霞んで見えなかった御蔵の山々が里から良く見渡せる! 何というラッキー・ギラギラ!! 若干お疲れ気味のK山補佐とH房隊員を宿に残し、ガイドさんと3名で入山。 一路、御蔵島唯一の池である”御代ヶ池”まで行ってきました。 途中アップダウンの激しい山道は、少々ハードでしたが、鳥のさえずりを聞きながらの森林浴はとっても気持ちが良かったです。

幹の中に人が入れるほどのシイの巨木に下座禅を組むA江補佐。なんか、カッコイイです!
二人が口にしているのは、明日葉です。(今日採っても、また明日には育っている強い生命力を持つところから明日葉と言うそうです。) 道端に普通にたくさん生育しており、御蔵島では色々な料理に使われています。
結構険しい林道を歩くこと40分!(片道平均30分だそうですが・・・)メンバー全員、つげの杖を借りての不慣れな山歩きでした。
毎年イルカガイドもしていただく、柳瀬さんといっしょに御代ヶ池をバックに。「あれ?それってもしかしてギラ5のはちまきじゃぁ???
 【さようなら御蔵島!また来る日まで!】
昨年までより日程を延ばした今回の御蔵島ツアーも結局アッという間でした。 楽しい時間は、本当に早く過ぎて行きます。桟橋にお見送りに来ていただいたみなさん大変お世話になりました。
もちろん、帰りの船も問題なく御蔵島に接岸。 船が遠く離れるまで我々も見送りの方々も手を振り続け、ちょっぴりセンチな気分になった私。 と同時に、次回はいつ来ようかと、秘かに携帯電話でカレンダーをチェックしちゃいました!
島が小さくなる頃、真っ黒な雨雲に頭上を覆われ、また豪雨が・・・ なんて我々はラッキーボーイズなんでしょう!!!
「終わり良ければ全て良し!」って言うでしょう。。。 行きの新幹線の遅れからハラハラする場面もありましたが、基本スケジュールには何の支障もなく、ドルフィンスイムや山歩きを楽しむことが出来たのです。

いくらギラギラだからって、帰りの船内で熟睡している部下であるK山補佐にいやらしく近寄るK田隊長はちょっと頂けません! 我々のターゲット完全に見失ってますよ! でも、そこは我ギラギラ・ファイブの隊長です。最後に東京駅から寝台特急サンライズに乗り込み寛ぎに開いたのは何と!『○○本!』だぁ!!!
さすがは隊長! いつの間にゲットしたんだろう・・・ 「フフ・・・今宵の列車は完全個室だしね!隊長、ゆっくり楽しんで下さいね!!』

翌朝6時過ぎ、帰りのサンライズも東海道の集中豪雨のため到着が30分程度遅れましたが、何とか岡山駅に到着。
そして、今回のギラギラ・ファイブのミッションは、無事幕を閉じたのでした!! 
「メンバーの諸君、お疲れさま!」

 【最後に、どーしても云っておきたいことがある!】
丁屋さんのゴミ箱に片足だけ捨てられたビーサン(ハワイアナス/ブラジル)???
「なぜ、片側だけかって・・・???」

初日のドルフィンスイム中に船に戻ると、何と!ビーサンが片側無い!

どうして無くなったかの理由はこれしかない!誰かがEN時に誤ってフィンで海に蹴り落としたに違いない!! そうして、狭いボートの上から蹴り落とす可能性の高いのは????????????????????????????

 ☆ロングフィン だぁぁぁ!☆

K田隊長、証拠は無いけど今回御蔵島で初めて使ったバラクーダ・・・ あれって遠くのものまで蹴っちゃいますよね??? 本当、証拠は無いんですげどぉ。。。。。。。だれも見てなかったですしぃ。。。。。。。。

そんなこんなで私、その後、左足だけビーサン履いて帰りました! だって、御蔵島で唯一サンダル売ってる農協は、土日休みなんだもん・・・

今頃、私のビーサン何処を漂流してるだろう? このまま黒潮に乗ってハワイまで行っちゃうなんてことも・・・

いずれにしても、、、 
『さようなら!はき始めたばかりだったボクのビーサン・・・』